2020年09月01日

【Ancient Olympic Fair 2020】9月のメニューは!!

今日から9月です♪
では、ギリシャ語の月初めのご挨拶!

Καλό μήνα!(カロ・ミナ)

さて、今年は、Ancient Olympic Fairと題しまして、
古代オリンピックで行われた競技から連想して、
わたしたちの独断と偏見でギリシャ料理の一品を
毎月ご提供しております。

9月は、古代オリンピックで行われた格闘技、
このうちのひとつ、パンクラチオンから連想しました!!

それでは、Ancient Olympic Fair!!
   今月のメニューは!(^^)/

◆ビーツのフムス ¥780

olympic09_400.jpg


パンクラチオンは、紀元前648年の第33回大会から始められました。
古代ギリシア語で「すべての力」という意味です。

この格闘技は、急所攻撃などの禁じ手を除いて、
打撃や関節技まで、あらゆる攻撃OKの総合格闘技です。
基本的には全裸で戦い、相手が降参するか、
戦闘不能になることで勝敗が決まりました。
あまりにも過酷なため、選手が亡くなることもありました。

パンクラチオンの歴代の優勝者で有名な選手が二人います。
アテナイ出身のディオクシプスは、
BC336年の第111回大会の優勝者です。
マケドニアの完全武装した兵士に決闘を挑まれ、
全裸に棍棒ひとつだけで立ち向かい、
なんと勝ってしまったすごい人。

フィガリア出身のアリキオンは、
第52〜54回大会と3連覇を成し遂げました。
しかし、最後の大会の決勝戦で悲劇が。

あまりの激闘の末、なんとアリキオンが息絶えてしまったのです。
ところが、相手が先に降参していたので、
亡くなったアリキオンが優勝者となりました。

その栄誉を称え、彼の遺体にはオリンピックの優勝者の証として、
オリーブの勝利の栄冠がかぶせられたと伝えられています。

こんな過酷な格闘競技パンクラチオンからここから連想したのが、
【ビーツのフムス】です☆彡
ひよこ豆のペースト「フムス」に真っ赤なお野菜ビーツを
入れて、鮮やかな真っ赤なフムスです。\(^o^)/

さらにさらに!!!
フェタチーズとくるみをトッピング!!!


カラダに良い
  【すべての食材の力】を結集しました!!!


ギリシャのハンドメイドピタパンにつけて、
お召し上がりください。\(^o^)/



posted by ぺこ&り〜の at 12:00| Comment(0) | 【Alla Pace】な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。