2006年09月22日

イタリアのスーパーで買い物するとき

イタリアのスーパーは、
日本とすこーーし買い物の仕方が違います。
特にお野菜と果物の買い方が違うんです。

日本では、一個とか、三本とか、
個数単位で値段が付いていますでしょ。
イタリアでは、重さで値段が決まるんです。

じゃあどうやって買うのか。

では、一キロ2ユーロのりんごを買ってみましょう。

買いたい分だけ、ビニール袋にりんごを詰めます。
くるっ見回すと、果物売り場にはかりが置いてあります。
そのはかりの上に、袋詰めしたりんごを載せます。

次に、はかりには、りんごやにんじんなど、
野菜や果物の絵が描いてあるボタンがあるので、
自分が詰めた果物や野菜のボタンを押します。

すると、500グラム1ユーロとかって、
買った分だけの重さの値段を計算してくれて、
値段が印刷されたシールが、にょろーーーーと出てきます。

そのシールを、りんごを入れたビニール袋に、
ペタッと貼ったらOKです。

小さいりんごをたくさん買ってもいいし、
大きめのりんごをひとつだけ買ってもいいし。
自分たちの家族の都合に合わせてお買い物できるので、
わたしは、かなり合理的でいいシステムだなぁと思いました。

日本のスーパーの野菜や果物って、
本数がはじめから決まっていて、
一人暮らしや二人暮しでは、多すぎるってことないですか?

イタリア式だと、ほんと自分の好きな分だけ買い物できるので、
ほんと買い物が楽しかったです。
だってはかりに載せて、ボタン押して、シール貼るんですから。
どんだけシール貼ったことか。

日本でもこのシステム導入してほしいなぁ。


クリックして頂けるとうれしいです♪ ⇒ にほんブログ村 グルメブログへ  にほんブログ村 ベンチャーブログへ
posted by ぺこ&り〜の at 20:44| Comment(0) | TrackBack(1) | イタリアのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

定年生活と安全 【定年後の生活情報】
Excerpt: 少しショックな調査結果です。。火事での死亡者が増え続けてるってご存知ですか?一人暮らしの方、また喫煙者は参考にしてみてくださいね。
Weblog: 定年退職後の生活情報★団塊世代の父へ贈物
Tracked: 2006-09-28 11:35