2017年01月24日

ギリシャイベント目白押し☆彡

★営業時間のお知らせ★

誠に勝手ながら、1月29日(日)は、PM6:00より営業いたします。
ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

ファイル_000.jpeg

上の写真のこういう事情でして、
トークショーの前に、スラッと展示を見てから、
じっくりCIMA選手のお話を聞いてきたいと思います。

来月は藤村シシンさんの講演も控えてまして、
もう、ギリシャ三昧の日々で幸せです☆彡(#^^#)

シシンさんの講演はまだ受講申し込みできるようです。
ギリシャ神話にご興味ある方は、ぜひ!!!

1月29日京都講演
https://www.nhk-cul.co.jp/nhkcc-webapp/web/WKozaKosuSentaku.do?baseScreen=5100&kozaId=1579252

2月19日西宮講演
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1115302.html

聴講するときに、忘れずにシシンさんのご本も持って行かなきゃ!
本を見ながら、講義を聞こう。わぁ楽しみ♪(^^♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

古代ギリシャのリアル [ 藤村シシン ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/1/24時点)




posted by ぺこ&り〜の at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Alla Pace】な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

エギナ島はこんな島・その4

まだまだ続く、エギナ島のご紹介。

ギリシャ神話、歴史と続きましたが、
エギナ島はショッピングも楽しめる島なんです。

エギナ島の名物といえば、ピスタチオ!!
ギリシャでも、めっちゃおいしいことで知られています。

Pistacio.jpg

収穫時期の9月には、ピスタチオ祭りが開かれ、
ピスタチオが食べ放題になるんだとか。

AEGINA FISTIKI FEST
http://www.aeginafistikifest.gr/?lang=en

AEGINAGREECE.com
http://www.aeginagreece.com/aegina-island/

※エギナでのピスタチオの収穫風景。こんなして採るんです。


また、観光船が着く港には、ピスタチオ商品が目白押し!
ピスタチオのジェラートもあるんですって!
ぐぅーーーーーー食べたいっっっ!ヾ(≧▽≦)ノ

さらにはピスタチオオイル配合のオーガニックコスメもあります。

pistacia.jpg

Pistacia Cosmetic Natura
http://www.pistacianatura.gr/en/home

いやーー!お買い物まで楽しめるなんて!!(^^♪
これは、1日クルーズは偵察ということで、
機会があったら1泊か2泊ぐらいして、エギナ島でゆっくり過ごしたいなぁ。

posted by ぺこ&り〜の at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Alla Pace】な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

エギナ島はこんな島・その3

引き続き、エギナ島の魅力をご紹介したいと思います。

エギナ島にまつわるギリシャ神話をご紹介しましたが、
ギリシャの歴史好きには、たまらない魅力もあります。

古代ギリシア時代には、海上交易の中心地として栄え、
ギリシアで最も早く銀貨を鋳造しました。

640px-Aegina_Stater_achaic.jpg
(Creative Commonsより画像借用)
※エギナで出土した2500年前の銀貨
 Silver stater of Aegina, 550–530 BC. Obv.

あの都市国家アテナイとは覇権を競い、アテナイ人からは、
憎しみを込めて、「サロン湾の目脂」と呼ばれていたほどで、
アイギナ(エギナ)とアテナイには、紛争が絶えませんでした。

が、前431年にアテナイによって征服され、
アイギナ(エギナ)人は島から追い出されてしまったのでした。

また、オスマントルコからの独立戦争の時期には、
1826〜1828年の2年間ですが、ギリシャの首都だったこともあります。
そのため、観光船が着く港には、19世紀のネオ・クラッシック様式の
建物があちこちに見られ、美しい街並みです。

Aegina_port.jpg

aegina_town.jpg
(Creative Commonsより画像借用)

さらに、エギナ島は、ギリシャが生んだ偉大な作家、
ニコス・カザンザキスが一時期住んでいたことでも有名です。
あの!!アンソニー・クイン主演で映画化された、
『その男ゾルバ』は、エギナで執筆されたんだとか。

個人宅となっているため非公開ですが、
カザンザキスが住んでいた家は、今も残っています。

The Kazantzakis House
http://www.aeginagreece.com/aegina/pages/sights/house_of_kazantzakis.html


ギリシャ神話といい、ギリシャの歴史といい、いろんな魅力を持つエギナ島。
1日クルーズで、ほんの数時間しか滞在できないのが
残念なくらい、結構見どころのある島です。


posted by ぺこ&り〜の at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Alla Pace】な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

エギナ島はこんな島・その2

さてさて、今日もエギナ島のご紹介を。

エギナ島は、ギリシャ神話好きだけでなく、
ギリシャ遺跡好きもグググっとくる魅力があります。

それは、エギナ島の東部に建つ、アフェア神殿です。

640px-AphaiaTemple057.jpg
(Creative Commonsより画像借用)

紀元前5世紀末頃に建てられたドリーア式の神殿です。
この神殿と、アテネのパルテノン神殿、
スニオン岬のポセイドン神殿を繋げるとちょうど三角形となるので、
“聖なる三角形”と呼ばれています。

※めっちゃキレイなアフェア神殿の空撮映像です☆彡


さて、神殿に祭られているのは、女神アファイアですが、
元々はクレタ島の森の女神ブリトマルティスでした。

えっ?名前違うやん。

そうなんです。

なんで名前が変わったかといいますと、
クレタ島のミノア王がしつこく言い寄ってくるので、
クレタ島を抜け出し、エギナ島に逃げてきて、
女神アファイアとなったといわれています。

640px-Aphaia_pediment_5_central_Glyptothek_Munich.jpg
(Creative Commonsより画像借用)
(この彫像は、どういうわけか、ドイツはミュンヘンのグリュプトテーク美術館にあります。古代ギリシャの美術品あるあるですね。(^-^;)

これって、ただの神話じゃないんです。
エギナ島は、クレタのミノア文明から影響を受けたことがわかっていて、
クレタ島で信仰されていた女神信仰が伝わって、
エギナ島での女神信仰に代わっていったということなんですね。

ギリシャ神話って、時々このアファイアの話のように、
なんらかの歴史的事実を踏まえたお話があったりするので、
勉強していて、本当に面白いです。(*^^*)



posted by ぺこ&り〜の at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Alla Pace】な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

エギナ島はこんな島・その1

1日クルーズに参加したいのは、
一度は行ってみたいと思っているエギナ島に寄ってくれるから。
ギリシャ神話好きで、ギリシャの歴史好きには、
たまらない要素満載の島なんです。

そもそも、島の名前がギリシア神話にちなんでいます。
もちろん、そのお話の主人公はゼウス。
例の、ほれ、愛しちゃったみたいなお話ですね。(-_-;)

ゼウスはあるとき、河の神様の娘、アイギーナを見初めます。

426px-Ferdinand_Bol_-_Aegina_wacht_op_de_komst_van_Zeus.jpg

(Creative Commonsより画像借用)
※17世紀、オランダの画家フェルディナント・ボル作、
『ゼウスの到着を待つアイギナ』。マイニンゲン博物館(de)所蔵。


アイギーナをさらってある島に連れていきます。
そこで二人は、アイアコスという息子を授かります。
そのアイギーナの住む島を、エギナ(アイギーナ)島と
呼ぶようになったといわれています。

ちなみに、ゼウスの息子アイアコスは、アイギナの王となり、
その死後は、冥界の法を定め、冥府の鍵を預けかるほどの力を持つ、
冥界の裁判官となりました。日本でいう、地獄の閻魔大王ですね。

Aeacus_telemon.jpg

(Creative Commonsより画像借用)
※アイアコス王とその息子テレモン
 Aeacus and Telamon by Jean-Michel Moreau le Jeune.

ギリシャ神話って、ほんとうに密接に、
ギリシャ風土や歴史に溶け込んでいて、
ギリシャを旅行する行く先々で、ギリシャ神話の逸話に出会えます。
ギリシャ神話好きにはたまらない楽しみです☆彡(*^^*)


posted by ぺこ&り〜の at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Alla Pace】な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

今度は行きたい1日クルーズ

今年3月にギリシャに行く予定ですが、
未だ具体的にスケジュールを詰められていません!
さすがにちょっとあせってます。(^-^;

でも、大きく3つだけ決まっています
そのうちの一つが、アテネからの1日クルーズに参加すること☆彡
クルーズで立ち寄るのは、ポロス島、イドラ島、エギナ島です。

cruse_map.jpg


ポロス島は、ビーチリゾートとしてギリシャ人にも人気の島です。

Poros_aerial_viw.jpg
(Creative Commonsより画像借用)


イドラ島は、車がない島として有名で、ロバか徒歩で移動します。

Hydra_town_01.jpg
(Creative Commonsより画像借用)


エギナ島は、古代は都市国家として栄えた島で、
ギリシャでも有名なアフェア神殿があります。

Aegina_Greece_Beach1.jpg
(Creative Commonsより画像借用)


アテネ近郊の3つの島を回ってくれるクルーズなので、
ご来店のお客様にもよくお勧めしています。
それなのに、自分たちでは行ったことがないので、
リサーチもかねて、参加してみようと思っています。

posted by ぺこ&り〜の at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Alla Pace】な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

キプロス問題に動きが

南北に分断され、国土が真っ二つになってしまっているキプロス共和国。
いろーーーーーんな思惑の中、再統合に向けて、
去年から話し合いが続いていますが、
年明け早々、その話し合いが再開しました。




今回は、当事者の南北キプロスの代表のほか、
間接的な当事者のギリシャとトルコも加わりました。
この4者では、単なる大喧嘩に終わるだけですので、
そこにイギリスも加わって5カ国で協議するというのです。

イギリスがなんで??(@_@)

はい、疑問はごもっとも。

まず、キプロスは1878年から1960年までイギリス領でした。
そして、現在も地中海最大のイギリス軍の基地がキプロスにあります。
一応、イギリスもキプロスに関係ありということなんで、
再統合の会議の椅子に就いたということですね。

12日にBBCのサイトに掲載された記事が、
この問題の論点をわかりやすく解説してくれています。

キプロス再統合目指す和平会議、英外相ら参加へ
http://www.bbc.com/japanese/38592501

BBCが指摘する難航する論点を要約しますと、

◆1974年のトルコ侵攻時にギリシャ系住民が
 放棄せざるを得なかった資産をどうするのか。

◆トルコ系住民を守るためとして駐留中の3万人ものトルコ軍をどうするのか。

◆再統合などの合意が成立したとき、その履行を誰がするのか。
 キプロス共和国がすでに加入しているEUか、キプロス島に基地を持つ英国か。

◆統合といっても、元のようにはいかないので、今までどおり、
 トルコ人とギリシャ人が分かれて住むとしたとき、
 ギリシャ系住民が多数を占める島の人口に比例する形で、
 ギリシャ系国家の領土が拡大されるべきなのか。

いかがです?

なんか…
問題が多すぎて大きすぎて、クリアできそうにない感じが…。(+_+)

13日の時点では、やっぱり話し合いの合意が得られず、
継続審議となったそうです。
そうですわね。

とにかく、平和的にキプロスがよりよくなるように、
話し合いを続けていってほしいと思います。


posted by ぺこ&り〜の at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Alla Pace】な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

まだ間に合う!【AllaPace】スペシャルメニュー

この秋からご提供し、ご好評頂いております、
【AllaPace】のスペシャルメニューの2品。
年明けも、続けてご提供しております☆彡

IMG_5308.JPG

◆マイアーレ・コン・レメーレ ¥1680

イタリア・フィレンツェの伝統料理で、
ブタ肩ロース肉とリンゴを煮込み、 胡椒でピリリと味付けした一品です。
リンゴはまるでジャガイモのような新食感☆彡

1.JPG

◆マニタリア・サガナキ ¥680

秋の味覚といいますが、冬になってもおいしいのがキノコ。
その中でもマイタケを使ったパリパリチーズ焼きです。
季節のお味をご賞味ください。

2.JPG

もうしばらく、ご提供できると思いますので、
まだ食べてないわぁ〜という方、ぜひ終了前にご賞味ください。(^^)

posted by ぺこ&り〜の at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Alla Pace】な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

ギリシャが雪の世界に

くーーーーどんどん寒さが厳しくなってまいりました!!

実は今、ヨーロッパも大寒波に見舞われていて、
ギリシャもほとんど全土で雪雪雪!!(◎_◎;)
ただいま、真っ白に雪化粧したパルテノン神殿が見られるそうです



雪なんて、ギリシャ北部の方でしか降らないのに、
南のペロポネソス半島も、常夏のクレタ島ですら、
雪が積もっているそうで、ギリシャで足止めされている、
シリアの難民の人々が生命の危機にさらされています。

また、わたしたちがギリシャに行くときに、
よく利用するターキッシュエアラインズは、
8日には640便も欠航したんだとか。

◆ヨーロッパ各地で厳しい寒波 週末にかけて30人以上死亡
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00346490.html

この週末には日本にも寒波襲来とのことですから、
わたしたちも準備しておかないといけませんね。

posted by ぺこ&り〜の at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Alla Pace】な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

これはおもしろい♪【歴史系倉庫 世界史の問題児たち】

twitterでフォローしている、亀さんが
世界史をネタにした漫画本を出版されたので、
やっと買ってきました。

◆歴史系倉庫 世界史の問題児たち

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

歴史系倉庫 世界史の問題児たち [ 亀 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/1/11時点)



知ってる話もあり、全然知らなかったぁ〜という話もありで、
たいへん面白かったので、あっという間に読んでしまいました☆彡

いやいや、藤村シシンといい、亀さんといい、
難しい話をスラッと読ませてしまうチカラには、感動してしまいます。
亀さん、続編が楽しみにしてます。(*^▽^*)

◆亀さんのtwitter
 https://twitter.com/rekisikei

posted by ぺこ&り〜の at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Alla Pace】な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする